沖縄本島地方では30日午前8時ごろから「煙霧」が観測され、沖縄気象台によると、夕方まで続く見込み。肉眼で水平方向に目標物が見える最大距離は、8キロ。煙霧は、大気中の目に見えないごみが多くなって視程が妨げられる現象。本島地方の天気は、夕方以降、雨の予報で煙霧は解消する見通し。

煙霧でかすむ那覇市街地=30日午後2時半、那覇市・首里城公園から県庁方面を望む