八重瀬町世名城の畑でテイカカズラの花が満開となっている。農家の野原良充さん(77)が3年前に苗を植え、今では歩道に沿って10メートルほどに広がった。

畑一帯は満開に咲いたテイカカズラの香りが漂う=八重瀬町世名城

 周辺はジャスミンに似た爽やかな香りが漂う。特に香りが強まる朝は、ウオーキングで通りかかる人が楽しんでいるという。テイカカズラはキョウチクトウ科で東アジア原産。約3センチほどの花が3~7月に開花する。

 野原さんは「花はあと2週間は楽しめるので、見に来てほしい」と話した。