「2014国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ」(略称・国際演劇フェスタ)が7月26日~8月3日、東京都、沖縄市、那覇市で開催される。下山久総合プロデューサーは「作品を鑑賞し、プログラムに参加し、アーティストと交流し、心豊かな時間を過ごしていただくことが何よりの願い」と来場を呼び掛けた。14カ国から26の舞台作品が上演されるほか、絵本展、シンポジウム、ワークショップなどが予定されている。

 1日、エーシーオー沖縄など主催4団体と共催のコザ商店街連合会、那覇新都心通り会などが県庁で会見した。

 国際演劇フェスタは「キジムナーフェスタ」の愛称で親しまれてきたが、主催5団体の一つだった沖縄市が昨年12月に開催見送りを表明したことから、民間主導でリニューアルされる。下山氏は「世界中から寄せられた大きな後押しもあり、民間4団体の主催で継続しようと動きだした」と説明。「今まで以上に皆さまに愛していただけるよう力を尽くす」と話した。

 名嘉睦稔氏がデザインしたキジムナーのキャラクターは継続使用されるが、開催地の拡大に伴い、新しい愛称を募集する。