沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は1日、インターネット上で健康管理サイト「健康マイページ」を運営するブルーブックス(那覇市、志茂英之社長)に、資本性ローン(挑戦支援資本強化制度)を活用して2千万円を融資した。

 同サイトは沖縄など3県の健康保険協会が保健指導に活用しているほか、過去の健診データを踏まえた診療を可能とするLHRシステム(生涯健康記録)を那覇市医師会と共同開発・提供しており、今後さらなる健康づくり支援事業が期待される。

 医療・健康事業向けソフトウエア会社として2002年3月に設立。「健康マイページ」は被保険者、保険者、医療機関が情報を共有し、健康づくりを支援する。

 志茂社長は「IDを持つ人が増えることで医療分野の新たな展開が可能になる」と述べ、今後は匿名化したデータを使った研究や創薬開発に含みを残した。