【浦添】空席となっている浦添市の副市長ポストについて、浦添市議会臨時会は1日、野口広行総務部長(57)を充てる人事案を賛成多数(賛成25、反対1)で可決した。任期は2日から4年間。

野口広行氏

 松本市政下の副市長ポストは、市長就任から3カ月以上にわたり空席が続いた。昨年5月末に就任した名護正輝氏が市議会を混乱させた責任をとって3月28日に辞職したため、再び空席となっていた。松本市長自身も責任を取り、給与減額のための条例改正案を6月定例会に提案する考え。

 給食費に関して不適切な事務を行った池原寛安教育長の処分については、市職員分限懲戒審査委員会が戒告と答申したことを踏まえ、2日の定例教育委員会で議論する。池原教育長は5月と6月の2カ月間、月給約68万円の10%相当分を自主返納する。

 副市長に就任する野口氏は1956年、鹿児島県指宿(いぶすき)市生まれ。国立鹿児島工業高等専門学校卒。77年にアジア技研沖縄支店へ入り、81年から浦添市職員。跡地利用計画推進室長や企画部長を務めた。