東京商工リサーチ沖縄支店は2日、2013年の県内企業売上高ランキング(年内決算ベース、金融業除く)を発表した。上位100社の売上高は前年比0・4%増の2兆347億9300万円となり、3年連続で過去最高を更新した。2兆円突破は2年連続。原油高騰で売値が上昇したエネルギー業、新規出店が続く小売業、高齢化の進展で需要が高まる病院、公共・民間工事が好調だった建設・建設資材業などで増収企業が多く、総額を押し上げた。

 同社では13年の県経済について、個人消費が堅調に推移し、観光客数の増加などで観光業界を含め「全般的に拡大の動きとなった」と説明。全体の売上高に占める上位10社の売上高も過去最高(46・8%)を更新し「大企業の成長路線が顕著になった」としている。

 売上高100億円以上の企業は前年から1社減って56社だったが、過去3番目の多さ。増収企業は前年比9社増の72社で、3年連続の増加。そのうち2桁以上伸びた企業は5社増えて14社になった。