サッカーJ3で8位のFC琉球は4日午後3時から、沖縄市陸上競技場で11位の福島ユナイテッドFCと対戦する。

「攻撃の起点」として期待されるMF藤澤典隆(右)=中城村吉の浦運動公園ごさまる陸上競技場

 前節のYSCC横浜戦で7試合ぶりの勝利を挙げた。得点力不足が指摘された状況から一転、ゴールを連発し、連敗を3で止めた。

 ワントップのFW青木翔大とともにゴールネットを揺らしたのが、トップ下のMF藤澤典隆。青木と同じく2得点を挙げ、存在感を示した。開幕から全試合に出場中で、新生琉球の「攻撃の起点」として必要不可欠な存在だ。

 J1広島ユース出身で、薩川了洋監督も「いい技術を持っている」と好評価。昨年は約半年間ドイツでプレーし、厳しい環境で技を磨いたことが、新天地での大きな自信になっている。今季はアマ契約のため、練習の合間に週2、3回のアルバイトをこなす。「サッカーができることのありがたさは、誰よりも強く感じている」。ハングリーにボールを追いかける背番号15のプレーに注目したい。