相撲の第36回OTV杯県選手権大会は3日、那覇市の那覇新港特設相撲場で行われ、個人一般の部決勝で島袋将太(ベルシステム24)が古波蔵大輔(日立建機日本)を寄り切りで破って、2年ぶり3度目の栄冠に輝いた。

 高校の部は宇榮原叶(中部農)、中学の部は當眞嗣斗(浦添中)が制した。ともに初優勝。団体高校の部は中部農林A、同中学校の部は浦添Bが優勝した。

 個人小学校1年は玉城伝紳(港川幼稚園)、同2年は本村史音(智心館)、同3年は新里一朗(てだこ)、同4年は島袋偉海(伊江西)、同5年は與那覇大地(てだこ)、同6年は木崎誠仁(智心館)が頂点に立った。4~6年優勝の3人は、わんぱく全国大会(8月・国技館)に出場する。