仲井真弘多知事は児童福祉週間初日となる「こどもの日」の5日、知事メッセージを発表した。子どもが夢と希望を持って心身ともに健やかに育っていけるよう県民への理解と協力を求めた。大人に求められることとして「自らの意志で明るい未来を切り開いていこうとする子どもたち一人一人を応援する社会環境の整備」を挙げている。