養護老人ホームへの入所を市町村が制限する「措置控え」の実態を探った。措置実績のない市町村の多くが措置費を予算計上していない。「措置は虐待があったときだけ」「介護度が高いと養護老人ホームへは入所できない」など誤った条件を設けるケースや、一度入所させた高齢者を退所させる「措置外し」もあった。