G☆W祭与勝闘牛大会(主催・与勝闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が4日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。ゴールデンウイークの闘牛として5年連続の開催。県内各地から闘牛ファンや観光客約700人が詰め掛け、9組(1組は不戦勝)の対戦を楽しんだ。対戦が始まると押し合う2頭の巨体に観客の目はくぎ付けとなり、牛の動きに合わせるように思わず肩も右、左。2頭の巨体が重なるように柵に激突する場面など、最前列の観客がのけぞるような大迫力の場面も再三あった。そのたびに観客は歓声やどよめきを上げて2時間余、闘牛の醍醐味(だいごみ)を満喫した。

攻守ところを替える激戦を繰り広げる龍星若獅子(左)と常勝会荒鷲=うるま市石川多目的ドーム

G☆W祭与勝闘牛大会 対戦結果(左側が勝牛)

攻守ところを替える激戦を繰り広げる龍星若獅子(左)と常勝会荒鷲=うるま市石川多目的ドーム G☆W祭与勝闘牛大会 対戦結果(左側が勝牛)

 最も見応えがあったのは2番戦だった。龍星若獅子と常勝会荒鷲が期待通りの激戦を繰り広げた。鋭い角を持つ両牛は対戦開始と同時に小刻みに角を動かして押し合った。

 1分後、荒鷲の角が若獅子の眉間にヒットし、たまらず若獅子は柵際に後退した。若獅子はくの字になりながらこの窮地を脱出。間髪を入れず、お返しとばかり反撃の腹取りで突っ込むなど柵際の攻防は大いに会場を沸かせた。

 その後はしばらくリング中央でもみ合いを続けたが、対戦開始3分すぎに突然勝負が急展開した。荒鷲が右からのハネ上げで若獅子を持ち上げ、押し込もうとしたが、若獅子はうまく回り込み、またもや逆襲の腹取り一発。荒鷲はこの腹取りを食い止めることができず、あっという間に敗走となり、一瞬にして勝負に幕が下りた。

 結びの一番は朝戸大砲と与那嶺天王の対戦だったが開始30秒、大砲が正面から強い押し込みに出ると天王はもろくも後退し、敗走となった。あっけない結末に場内から思わずためいきが漏れたが、大砲の調子の良さが目立った一番となった。次回は11日正午からうるま市石川多目的ドームで闘牛ファン待望の第101回春の全島闘牛大会が開かれる。(又吉利一通信員)