【大宜味】バスケットボール高校男子の名監督として知られ、ことし3月に退職した安里幸男さんの教え子の活躍を記録した写真展が大宜味公民館隣の広場で開かれている。安里さんの1期後輩で村大宜味の金城吉弘さん(59)=写真=が撮りためた写真。高校卒業後、大学、社会人選手として活躍した安里さんの教え子の名プレーを週替わりで30枚ずつ、5月末まで展示する。

お気に入りの一枚を指す金城さん=2日、大宜味村大宜味

 金城さんは安里さんと中高校でバスケに励んだ。本土で働いていたころ、県出身選手が大学バスケで頑張っている姿を見て「これは撮らねば」と撮影を開始。以来約25年、全国大会に自費で出向いて撮影。写真は約13万枚に上る。

 4月28日の週は1990年代の北谷高校の選手を中心に展示。金城さんは「中でも源古隆選手の見事なアリウープは一番のお気に入り。写真を見ると一つ一つのプレーを思い出す」と目を細める。

 「後輩たちが頑張ろうと思えるきっかけになれば」と今後は大学やプロで活躍する選手を紹介する予定。