【南城】国内で最も小さいイワサキクサゼミが4月27日、南城市の知念海洋レジャーセンター周辺で鳴き始めた。ヒルガオや月桃の花の上に体長1・5センチのクサゼミが留まっている様子を、職員の屋比久敬裕さん(44)が撮影した。沖縄気象台は同29日、市玉城での初鳴きを観測した、と発表している。

ヒルガオにとまる、国内で最も小さいイワサキクサゼミ=4月27日、南城市知念久手堅(屋比久敬裕さん撮影)

 屋比久さんは生物に関心があり、センターに出勤前、「ジー」という甲高い音に気付いた。「季節の移り変わりを感じて、心を和ませてほしい」と話している。

 琉球大学の資料館「風樹館」の佐々木健志博物館学芸員によると、イワサキクサゼミは国内では最も早く鳴くセミ。宮古島では3月中旬、沖縄本島では4月前半には鳴き始めるという。

 沖縄本島ではかつて南部の一部地域に生息域が限られていたとされるが、現在は西原町や浦添市などに広がっているという。