クレセールとの決勝で、具志頭中が守備で主導権を握り、最終盤に畳みかけて2連覇を果たした。 初参戦ながら決勝進出で勢いに乗るクレセールに、前半こそボールを支配されたが「シュートコースを切って抑えれば、枠に入らない」(牧野将大主将)。