【名護】名護市商工会青年部(仲尾圭司部長)が部員増に積極的に取り組み、昨年は商工会青年部の純増部門で21人増で全国1位に輝いた。ことしは4月18日時点で13人増を達成、2連覇を目指して力を注いでいる。

 同青年部の部員は2013年3月時点で36人だったが、主催する名護夏まつりを成功させるための部員増を目指し、部員を挙げて声掛けなどの勧誘に取り組んだ。13年4~12月の純増数が21人で、全国約2800部ある商工会青年部の中でトップに。その後も部員増は続き、総会があったことし4月18日時点で部員64人と、過去最高の部員数になっている。

 仲尾部長は「夏まつりでの人手の少なさ解消と、地域を盛り上げたいと勧誘していたら結果的に県内初の全国1位になった。みんなで楽しく、地域を盛り上げながら、ことしも連覇を目指したい」と意気込んだ。