【東】米軍ヘリパッド建設予定地となっている、東村高江の森で8日、国の特別天然記念物ノグチゲラの夫婦が子育てに励む姿が確認された。イタジイの幹の丸い巣穴からは1羽のひなが顔を出し、「ピッ、ピッ」と甘え声でおねだり。親鳥は交互に森と巣穴を往復し、ヤマモモの実や昆虫などを運んでいた。

巣穴から顔を出したひなに餌を与えるノグチゲラの親鳥=8日午前、東村高江(田嶋正雄撮影)

 建設工事は現在、営巣期間のため中断しているが、7月にも再開する予定。

 今のところ、ひなは順調に育っており、一両日中にも巣立ちしそうだ。10日から愛鳥週間。