那覇市出身のダンサー、天久恵子さん(22)が、4月に開かれたラトビア国際コンクールのモダン・ジャズ部門で3位になった。9日、沖縄タイムス社を訪れた天久さんは「プレッシャーが大きかったけれど、踊りが好きな気持ちをそのまま出すことができた。幸せです」と喜んだ。コンクールは4月25、26日に、ラトビアの首都リガで開催された。

 9月にはミュージカル俳優を目指して渡米する。「歌やいろんなジャンルのダンスの勉強をして、人をつなぐ芸術をしたい」と張り切っている。

 天久さんは伊野波留利バレエスタジオ(那覇市)の出身で、現在は神奈川県のYダンスカンパニーに所属している。「伊野波先生には踊る魅力をのびのびと教えてもらった」と振り返り「支えてくれた皆さんに感謝したい」と話した。