プロバスケットボールbjリーグのプレーオフ地区準決勝は10、11の両日、各地で行われる。西地区レギュラーシーズン1位の琉球ゴールデンキングスは沖縄市体育館で同4位の浜松・東三河フェニックスと2連戦を行う。両日とも午後1時試合開始。

プレーオフに向け、最終調整するキングスの選手たち=宜野湾勤労者体育センター(勝浦大輔撮影)

 キングスが2勝すれば24、25の両日に東京・有明コロシアムで開かれるファイナルズに2年ぶり5度目の出場を果たす。1勝1敗で並んだ場合は11日の第2戦後に前後半5分ずつの最終決定戦を行い、出場チームを決める。

 キングスは9日、宜野湾勤労者体育センターで最終調整に臨んだ。金城茂之主将は「1位だったシーズンの成績は忘れて、チャレンジャーとして必死に戦いたい」と決意。伊佐勉ヘッドコーチも「初戦が大事。しっかり勝てるように、ゲームの入りに注意したい」と気を引き締めていた。

 西のもう一つのカードは京都(2位)-滋賀(3位)。東は富山(1位)-新潟(5位)と、岩手(2位)-秋田(3位)。