県産黒糖の消費拡大を図るイベントが10日、南風原町のイオン南風原店で開かれた。「5月(こく)10日(とう)」の語呂に合わせた「黒糖の日」の催しで、県含みつ糖対策協議会(会長・山城毅県農林水産部長)が主催した。県内8離島の産地別の黒糖の展示や即売、菓子や飲料などに加工して使う業者が多数出展。「黒糖スコップすくい」や「産地当てクイズ」などの特別企画があるなど、会場は多くの来場客でにぎわった。

小さなスコップで大きな黒糖の塊をすくい上げる親子=10日、南風原町のイオン南風原店

 セレモニーで、山城会長は「『黒糖の日』を契機に、県民はもとより全国に黒糖を広くアピールし、今後の生産と、より一層の消費拡大につながることを祈念する」と主催者あいさつ。新城静喜粟国村長は産地代表であいさつし、「(黒糖は)島ごとに風味や香り、形が異なる。ぜひ、8つの離島の黒糖を食べ比べてほしい」とPRした。