米軍普天間飛行場の移設作業の着工前倒しは、政府にとって仲井真弘多知事が求める「5年以内の普天間の運用停止」への取り組み姿勢を示し、知事選の結果にかかわらず対応可能な工事を少しでも進めておきたいとの政治判断がある。