セットプレーに自信を持つ小禄クラブが、少ないチャンスで得点を奪い、逆転勝利で九州大会への切符を手にした。決勝点を挙げたDF山城響は「作戦通りの展開」と満足げだった。 前半にセットプレーから失点したが、「我慢すればチャンスは来る」と気持ちを一つにして守り抜き、追加点を与えなかった。