米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設へ向けた手続きの進展を受け、「条件付き容認」を掲げる地元関係者の動きも表面化している。移設先の辺野古区は4月、沖縄防衛局などに区民への補償などを要請。