キングスの点取り屋、ドゥレイロン・バーンズが本領発揮し、第2戦の勝利の起爆剤となった。 前日、大車輪の働きだったアンソニー・マクヘンリーはマークが厳しく、思うように仕事ができない中、バーンズが奮起した。 流れるようなドライブシュートを決めたかと思えば、3点弾を沈める。