【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題で、政府が本体工事の着工時期を来年春ごろから今秋に前倒しする方向で検討していることについて、稲嶺進市長は12日午前、沖縄防衛局からの市への辺野古漁港の使用許可申請などの審査も十分されていないとの認識を示した上で、「(本体)工事だけ進むというのはとても信じられないし、ありえない」と不快感を示した。

政府が辺野古移設本体工事を前倒し検討していることにつ不快感を示す稲嶺進名護市長=12日午前、同市役所

 同日、市役所で記者団の取材に答えた。稲嶺市長は、防衛局が市への回答期限とした12日をもって、手続きを進める可能性があることについては、「行政機関のトップである国が、文書の体もなさないものを出して、それでいいという話にはならない」と述べ、あらためて局の対応に不満を示した。