琉球銀行(金城棟啓頭取)は12日の取締役会で、専務取締役に宮城竹寅常務取締役(60)を、常務取締役に林秀寛取締役(56)を昇格させる人事案を承認した。執行役員営業統括部長の川上康氏(52)と、審査部長の宜保諭氏(53)は取締役に就く。

宮城竹寅氏(琉銀専務取締役)

 常勤監査役に琉球総合保険サポート社長の照屋保氏(55)、監査役には沖縄電力常務取締役の山城克己氏(55)が就任する。6月25日開催予定の定時株主総会と取締役会を経て、正式決定する。取締役は1人増え、10人体制となる。

 常務取締役の石川眞一氏(60)、常勤監査役の比嘉正彦氏(58)、監査役の大嶺克成氏(58)、執行役員の中村良太氏(58)は退任する。石川氏はリウコム社長、比嘉氏は琉信ハウジング社長、中村氏は人材派遣センターオキナワ社長にそれぞれ就任する予定。人事部長の普久原啓之氏(53)、証券国際部長の嵩原俊樹氏(54)が新たに執行役員となる。

 金城代表取締役頭取、安田幾夫代表取締役専務らほかの役員は留任する。

 宮城氏は1979年入行。本店営業部長や、取締役総合企画部長兼関連事業室長などを経て、2012年から現職。