米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する稲嶺進市長の「移設阻止の最も強い権限」とされてきた辺野古漁港の使用許可について、沖縄防衛局は漁港漁場整備法を根拠に「市の許可は必要ない」との立場を示した。市長権限は「限定的」と繰り返してきた政府は、粛々と作業を進める姿勢を強固にしている。