県は13日までに、県物産公社(上里至社長)の新社長に、ことし3月まで県商工労働部長を務めた小嶺淳氏(60)を起用する方向で調整に入った。物産公社は2013年3月期決算で3期連続の経常赤字を計上し、経営の立て直しが急務となっている。

小嶺淳氏

 小嶺氏は県庁で商工畑を歴任。特に情報技術(IT)分野への造詣が深いため、県は電子商取引の活用など、県産品の販路拡大に向けた新たな経営手腕に期待している。

 小嶺氏は1953年、旧真和志村出身。岡山大法文学部卒。県で情報産業振興課長、産業雇用統括監、商工労働部長などを歴任。ことし3月に定年退職した。