満月の前後の日に合わせてサンゴが産卵する神秘的なショーが5月13日夜、沖縄県石垣市の名蔵湾内で見られた。観察に集まったダイバーたちは貴重なシーンに見入り、喜びの声を上げていた。

一斉に解き放たれ、海面に向かって海中を漂うサンゴの卵=13日午後10時49分、石垣市・名蔵湾内(伊藤桃子撮影)

 午後9時過ぎから海に入ったダイバーたちは今か今かと、サンゴの前で待機。ピンク色の卵が海中に放たれると、一斉にフラッシュが光り、熱心に写真に収めていた。

 初めて参加した土井奈枝さん(66)=大阪市=は「なかなか産まれなくて、諦めかけたけど、待ったかいがあった。幻想的で、撮った写真を友人に見せたい」と興奮した様子だった。