【東京】JA沖縄中央会の新﨑弘光会長らは14日、国会議員会館に与野党それぞれの県関係国会議員でつくる「かけはしの会」(会長・西銘恒三郎衆院議員)、「うりずんの会」(会長・照屋寛徳衆院議員)を訪ね、環太平洋連携協定(TPP)の重要品目保護や情報開示への協力を要請した。

 新﨑会長ら農業と畜産関係団体の代表は、国会決議された重要5品目の聖域確保ができない場合、交渉から脱退することと、国民への情報開示を要望。「一部の先走った報道の事実関係が分からず、不安だ」「養豚のコストが海外より高い現状で、関税撤廃されたら輸入肉と勝負できない」などと不安を訴えた。

 西銘氏は、国会議員でも情報が得られない状況を説明し、「食料自給率を高めることが課題。国会決議が守られていないと判断した場合は投票行動を皆さんと考えたい」と、交渉を注視し最終的な国会承認の際に慎重に判断する考えを示した。

 照屋氏は「情報が示されない中、重要5品目が守れるのか心配。要請はもっともで、国会の内外で訴えたい」と応じた。