八重山教科書問題で、八重山採択地区からの離脱を希望している竹富町教育委員会は、教科書選びに必要な事前の調査研究を当面は単独で実施する意向を固めた。

 県教委も町教委の考えを尊重する見通しだ。

 12、13の両日に同地区を諸見里明県教育長が訪れ、町教委に共同研究を打診した。

 慶田盛安三町教育長は「現職教員だけでなく退職教員もいるので、単独調査も可能」と答えた。

 教員研修などそのほかの教育行政については、石垣市と竹富、与那国両町の教委ともこれまで通り協力し合う意向を示した。

 県教委は21日の定例会で竹富分離を決める予定。