沖縄銀行は14日、沖縄三越が9月末に閉店する方向で準備を進めているとの本紙報道を受け、同社の事業再生に取り組んでいるが、関係各所と調整中で現時点で公表すべき事実はないと発表した。調整終了後、速やかに事実を開示するとしている。

 沖銀は同社に対し、16億6100万円の債権を保有。主要債権者として、同社の企業再生を中心になって進めている。同社の債権は、担保や引当金により全額保全されており、2014年3月期決算には影響しないとした。