【本部】海洋博公園熱帯ドリームセンターでこのほど、国内でも希少なマンゴスチンの花が開花した。「熱帯果実の女王」とも呼ばれるマンゴスチンは生育環境の条件が厳しく、国内でも植物園など限られた場所でしか見られない。

ピンクの花を咲かせたマンゴスチン=本部町・熱帯ドリームセンター

 同センターは2012年に株を導入し、ことし初めて開花した。11日と13日に淡いピンク色をした5センチほどの花を咲かせた。開花期間が1~2日と短いため、花はすでに落ち結実に向けて膨らみ始めている。

 同センターの瀬底奈々恵さんは「開花できるまで株が育ってきたのだろう。うまく実になるよう育てていきたい」と話した。