【中部】米空軍は16日、嘉手納基地所属のF15戦闘機のエンジンを構成するオーグメンター・ブリッジ・クランプと呼ばれる金属製の部品の一部がなくなったと発表した。15日の訓練中に脱落したとみている。原因や落下地点は不明で、被害情報はないという。

 ジェットエンジンの排気に燃料を吹きかけて燃焼させ、高推力を得る装置の部品で、縦4・5センチ、横4センチ、重さ17グラム。30枚あるうちの1枚という。

 同機は沖縄本島の南東海上の訓練空域で訓練後、15日午前10時半に嘉手納基地に着陸。整備士が機体を点検したところ、午後2時ごろ部品の遺失が判明した。米軍は「目に見えないほどの亀裂があった」と原因を示した。

 米軍は15日午後6時半ごろ、防衛局に通報。防衛局は、県や嘉手納町、北谷町、沖縄市、うるま市などに情報を提供した。また、米空軍第18航空団に、原因究明と再発防止の徹底を求めるとともに、度重なる航空機事故の発生に遺憾の意を口頭で伝えた。