梅雨前線が南下して本島地方を離れた16日、県内各地は晴れ間が広がった。那覇市牧志の愛育保育園では、快晴の空の下で元気にはしゃぐ子どもたちの姿も見られた。

屋上に干された洗濯物の間ではしゃぐ園児たち=16日午後、那覇市牧志・愛育保育園(松田興平撮影)

 沖縄気象台によると沖縄地方は17日以降は、梅雨前線が再び北上し、南からの暖かく湿った空気が流れてくるため、曇りや雨となる見込み。