2013年度沖縄タイムス芸術選賞受賞者公演が18日、那覇市のタイムスホールであった。琉球古典音楽・舞踊部門の受賞者が積み重ねてきた技芸を晴れの舞台で花開かせた。13年度は大賞7人、奨励賞10人、功労賞3人が誕生した。

しなやかな所作で「柳」を踊る大賞受賞者の比嘉政子さん=18日午後、那覇市久茂地・タイムスホール(伊藤桃子撮影)

 音楽の大賞受賞者は味わい深い独唱を響かせ、舞踊大賞も古典女踊のしっとりとした世界を繰り広げた。

 また、奨励賞と功労賞受賞者も、独唱や斉唱、創作舞踊などを披露した。

 箏曲奨励賞の石嶺達子さんは「子持節」を独唱。「独唱の難しさを知り、とにかく一つ一つ勉強した」と振り返った。舞踊大賞で「本花風」を踊った平良律司子さんも「思いを込めることができた」と手応えを語った。