【国頭】光るキノコ「シイノトモシビタケ」を、エコツアーガイドをしている篠原太郎さん(38)が16日夜、国頭村の与那覇岳近くの山林で見つけ撮影した。

暗闇で光るシイノトモシビタケ=16日午後8時ごろ、国頭村(篠原太郎さん撮影)

 20本ほどがイタジイに群生し、暗闇で幻想的な光を放っていたという。

 かさの直径は2センチ前後。ナメタケやシメジに似た小さなキノコで、シイの朽ち木が雨で湿る季節に生える。

 日中は薄茶色だが、夜になると薄緑の光を放つ。

 20年ほど自然に関わる仕事をしてきた篠原さんは「過去にも何度か見ているが、光っているのをちゃんと見たのは今回が初めて。1日くらいしか光らないので、いいタイミングで撮影でき感激した」と話した。