障がい者や低額所得者など「住宅確保要配慮者」に対する民間賃貸住宅への入居拒否が県内で頻発している可能性が高いことが、18日までに県住宅課の調査で分かった。