県民の思いと裏腹に、安保条約により米軍基地は居座り続け、強化拡大されてきた。この間、沖縄ではオスプレイの強行配備や普天間基地の辺野古移設に強く抗議し、県民大会や全市町村長らが署名した建白書を政府に手渡した。しかし日米両政府は県民の声に耳を傾けるどころか、国家の権力で県民をねじ伏せてきた。