沖縄県は20日、2014年度の入域観光客数の目標値を前年度比4・9%増の690万人、観光収入は11・4%増の4970億円とする「ビジットおきなわ計画」を発表した。過去最高となった13年度の観光客数658万人を基に、各航空会社の本年度の提供座席数などを考慮した。14年度の県の観光関連予算は前年度比15%増の85億8597万8千円。

 690万人のうち、国内客は前年度比2・9%増の610万人、外国人観光客は前年度比27%増の80万人。県は、航空路線の提供座席数が前年度と比べて、国内で30万席、海外で20万席増えることや、クルーズ船の寄港予定回数が前年度より多いことなどから目標値を算定した。