竹富町教育委員会が保守色の強い育鵬社版の中学校公民教科書を拒否し、八重山採択地区からの離脱を求めている問題で、県教委(宮城奈々委員長)は21日の定例会で分離を認め、町単独での採択地区に変更することを決めた。竹富は分離後、来春から使う教科書として東京書籍版をあらためて採択すれば、来年度から国の無償給付が3年ぶりに復活する。

第7回県教育委員会定例会で、八重山採択地区からの竹富町分離が決まった=21日午後、県庁

 会合では、竹富以外の6町村の採択地区変更も決めた。恩納村が国頭地区から中頭地区に、伊平屋村と伊是名村が島尻地区から国頭地区に、南大東村・北大東村・久米島町は島尻地区から那覇地区に編入される。

 地区再編は今月末にも適用される。