米軍基地内での従業員がストライキにあたり申請した年休を米軍が認めず無給とされたことに対し、雇用主の国に労働基準法上の制裁を課し、在日米軍も日本の労働法上の制裁の対象となるとした那覇地裁判決は、画期的な判断だ。