【ワシントン20日=伊集竜太郎】県内外計13の環境保護・市民団体は20日、米政府独立機関の海洋ほ乳類委員会(MMC)に対し、米軍普天間飛行場の辺野古移設に伴うジュゴンの生息への影響について科学的に検証してコメントするよう要請した。MMC側は「コメントを出す」と応じた。