JTB沖縄(那覇市、宮島潤一社長)と座間味村(宮里哲村長)は22日、慶良間諸島の国立公園指定化を受けて、魅力ある観光地づくりや環境保全を推進しようと、包括的連携協定を結んだ。同村が企業と包括協定を結ぶのは初めてで、調印式に出席した宮里村長は「多様化する観光地で生き残るには一つ上のおもてなしを学ぶ必要がある。JTBの力を借りて、観光客により良い環境を提供していきたい」と話した。

連携協定を結んだJTB沖縄の宮島社長(右)と宮里座間味村長=22日、県庁

 JTB沖縄と同村は、(1)魅力ある観光地の創造(2)慶良間諸島全体への経済波及効果(3)国立公園として環境保全を推進-を柱に、魅力ある観光地づくりに力を入れる。

 7月刊行予定の観光ガイドブック「るるぶ特別編集 慶良間」による情報発信や、地域の人材育成強化を図る村民向けセミナーの開催、慶良間特産品の消費拡大-などに取り組む。

 宮島社長は「慶良間の海の青さは世界にひけを取らない。地域繁栄と環境保全を両立し、慶良間の希少価値を守りながら集客を図る戦略を進めたい」と語った。

 調印式には、同村の観光大使を務めるイラストレーターのpokke104(ポッケ・イチマルヨン)さんも出席。「アートを通じて島の人と交流できる場をつくり、慶良間の自然の魅力を伝えていきたい」と話した。