【東京】下村博文文部科学相は23日午前の閣議後会見で、竹富町の教科書問題をめぐり国が検討していた違法性を確認するための訴訟を起こさないことを明らかにした。

 下村氏は「来年度以降、竹富町の違法性は生じない。訴訟には一定期間かかり、子どもたちにとって望ましいのか総体的に考えて判断した」と理由を述べた。