【東京】ビジネスで世界のウチナーンチュをつなぐWUB(ワールドワイド・ウチナーンチュ・ビジネスネットワーク)東京の総会が22日、都内であり、新会長にIT企業フロッサ(埼玉県)の今井恒子氏(56)を選出した。今井会長は「世界のウチナーンチュと人的、文化的交流を進めてビジネスを活発にしていきたい」と抱負を語った。任期は2年。

今井恒子氏

 総会で決めた事業計画では、8月にあるWUB世界大会や、ボリビア移民60周年記念式典への参加や、国内のWUB支部や沖縄関連団体との交流を図る。

 冒頭、昨年8月に亡くなった小畑耕行前会長に黙とう。この間、会長は不在だった。

 今井会長は石垣市出身。コンピューター関連会社を経て2001年にフロッサを設立。東京沖縄県人会理事、関東沖縄IT協議会の副会長も務めている。12年には「ウミンチュの娘」を出版している。