久米島の久米仙(浦添市、島袋正也社長)は5月から日本バーテンダー協会(NBA)の賛助会員に泡盛メーカーで初めて登録された。今後、機関誌を通じて自社商品が紹介され、会員バーテンダーが経営する店舗などでカクテル向け泡盛の銘柄として優先利用することが期待される。

 同社営業部の兼城靖課長は「4大スピリッツの中に割って入る」と意欲。「大手焼酎メーカーの『いいちこ』も『霧島』もカクテルの世界に入っていない。泡盛はそこに入っていける可能性がある」と強調した。