800メートル初挑戦の大城希月(伊良波3年)が、初優勝を飾った。「よく足がついてきてくれた。上出来だ」と声を弾ませた。 「1周目は先頭集団に残って、2周目で勝負」のイメージで決勝に臨んだ。スタートから先頭集団でチャンスをうかがい、作戦通りに残り200メートルで自ら仕掛け、トップに立った。