【石垣】日本一早い「超早場米」の収穫が八重山地方で始まった。晴天に恵まれた24日、石垣市新川の水田では山根政人さん(40)が黄金色に実った稲刈りに汗を流した。

黄金色に実った稲を収穫する山根さん=24日、石垣市新川

 竜巻が発生した前日の悪天候から一変、太陽が顔をのぞかせた同日午後、約1500平方メートルに植えられた「ひとめぼれ」を収穫した。

 超早場米は今年2月上旬に田植え。冬から春にかけた低温で収穫は2週間ほど遅れた。受粉時の大雨で実付きが悪い水田もあり、収量は下がる見込みだが、食味は上々という。

 新米は市新栄町のファーマーズマーケット「ゆらてぃく市場」で6月6日に販売を開始。沖縄本島には6月下旬から店頭に並ぶ見込み。

 山根さんは「天気に恵まれ縁起がいい。収穫作業を進めて新米を届けたい」と笑顔を浮かべていた。