具志川闘牛大会(主催・具志川闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が25日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。県内各地から闘牛ファンや観光客など約500人が詰め掛け、出場牛20頭による10組の対戦を楽しんだ。激戦が連発し、火花散る巨体激突の迫力場面を延々3時間にわたって堪能した。

2番戦の攻防 龍MAXうら庭号(左)の強烈な押し込みを弓なりの体勢で食い止める荒天真優葉=うるま市石川多目的ドーム

対戦結果 左側が勝牛

2番戦の攻防 龍MAXうら庭号(左)の強烈な押し込みを弓なりの体勢で食い止める荒天真優葉=うるま市石川多目的ドーム 対戦結果 左側が勝牛

 2番戦は期待通りの激戦で会場を沸かせた。ともに徳之島から移籍し、沖縄でも結果を出している荒天真優葉と龍MAXうら庭号の対戦だった。

 両牛、時間をかけたにらみ合いの後、序盤は小刻みな動き。対戦開始3分すぎまでは緩やかな押し合いで、互いに相手の出方を見る展開だったが、4分40秒すぎたあたりで戦況は一気にヒートアップ。激しい押し合いの中で、バランスを崩した真優葉にMAXの腹取りが決まるかに見えた。

 しかし、真優葉は必死の防戦でこの窮地を脱出。リング中央までMAXを押し返し、反撃の機をうかがった。MAXはこの攻防でスタミナを使い過ぎたのか、ここを境に、逆に真優葉が押し気味に戦いを進めた。

 対戦開始7分、真優葉がじりじりと前に出ると、それまで踏ん張っていたMAXが脱兎(だっと)のごとく敗走。最後はあっけなく勝負に幕が下りたが、見応え十分の攻防だった。

 結びの一番は、馬天白皇の闘志不足で戦闘大主が楽勝。1月の敗戦からの復活が懸かっていた大主にはタナボタの白星となったが、これが妙薬となり、再び上位戦線での活躍が期待される。(又吉利一通信員)