秋田の絶対的エース富樫勇樹とメーンでマッチアップしたのは並里成だった。 序盤は岸本隆一がついたが「並里の方が波長が合う」(伊佐勉HC)と、並里中心に切り替え、岸本にはシュートに専念させた。